トレーニングに適したダンベル/バーの重量の選び方は?

Elizabeth
Elizabeth
  • 更新

ウェイトは慎重に選択して、適切なフォームとテクニックでエクササイズを行い、身体と器具を完全にコントロールし、ターゲットの筋肉群が効果的に活性化されるようにする必要があります。

特定のエクササイズのすべてのアプローチ、セット、またはサーキットで、正しいペースと望ましい繰り返し回数または負荷がかかった状態での時間範囲 (エクササイズが時間に基づく場合) を可能にする重量を選択することが不可欠です。

強度と筋肉の発達を促進するには、エクササイズで使用する重量を徐々に増やしてください。

適切なフォームとテクニックを使用して、エクササイズで計画されたすべてのセットと繰り返しを実行できるようになったら、重量を増やします。

  • 脚、背中、胸、部分的な肩などの大きな筋肉群の場合、多関節/基本エクササイズでは、最後のセットで 5 kg (合計で) を追加します。
  • 上腕三頭筋、上腕二頭筋、ふくらはぎ、前腕、腹筋などの小さな筋肉群の場合は、合計 2.5 kg  (合計で)を追加します。

必要な回数の繰り返しを実行したり、設定された時間間隔を負荷の下で維持したりできる場合は、最後から 2 番目のセットで同じ重量を追加して、引き続き筋肉に負荷をかけ、成長を刺激することを検討してください。 

徐々に進歩することを忘れないでください。重いウェイトを持ち上げるよりも、適切なフォームとテクニックを常に優先してください。

 

この記事を共有する

この記事は役に立ちましたか?

148人中113人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。