トレーニングに適したダンベル/バーの重量の選び方は?

Elizabeth
Elizabeth
  • 更新

ウェイトは、エクササイズを適切なテクニックで行い、自分の身体と器具をコントロールしながら、ターゲットとなる筋肉群を効果的に活性化させるために、慎重に選ぶ必要があります。

ワークアウトのすべてのエクササイズにおいて、適切な重量を見つけることは非常に重要です。ペースを維持し、必要な反復回数をこなし、必要な負荷時間を持続できる重量でなければなりません(時間を計るエクササイズの場合)。

トレーニングに適した重量を決めるには、軽く始めて必要な回数を反復する。簡単すぎてチャレンジできないようなら、重量を増やす。逆に、重量が重く感じてテクニックの妨げになるようなら、ケガのリスクを最小限にするために重量を減らす。

テクニックを維持したまま、予定したセットと反復回数をすべてこなせるようになったら、重量を増やして筋力と筋肥大を進めよう:

  • 脚、背中、胸、部分的な肩などの大きな筋肉群の場合、多関節/基本エクササイズでは、最後のセットで5kg(合計)を追加する;
  • 上腕三頭筋、上腕二頭筋、ふくらはぎ、前腕、腹筋のような小さな筋群には、2.5kg(合計)を加える;
  • 最後のセットも同じ重量を追加して、筋肉に負荷をかけ続ける。

徐々に上達することを忘れずに、常に正しいテクニックを優先すること。

自分の体の声に耳を傾け、過度に重い重量で自分を追い込まないこと。ケガのリスクを冒すより、軽い重量で多くの回数をこなしたほうがいいに決まっている。適切な重量を選択することで、より効率的なワークアウトを実現し、フィットネス・ゴールを達成することができる。

この記事を共有する

この記事は役に立ちましたか?

222人中172人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。