ワークアウト中のエクササイズの推奨強度はどれくらいですか?

Scarlett
Scarlett
  • 更新

一般に、適切なフォームとテクニックを維持できる最大の努力で各エクササイズを実行することをお勧めしますが、強度は特定のエクササイズや目的によって異なる場合があります。

たとえば、スクワット、デッドリフト、ベンチプレスなどの複合エクササイズは、より重いウェイトとより少ない回数で実行できますが、バイセップカールやトライセップエクステンションなどのアイソレーションエクササイズは、より軽いウェイトとより多い回数で実行できます。

ただし、すべてのエクササイズを最大強度で行うと、身体に非常に負担がかかり、けがやオーバートレーニングのリスクが高まる可能性があることに注意することが重要です。プラトーを避け、けがのリスクを軽減するために、ワークアウトの強度と量を徐々に変化させることをお勧めします。

この記事を共有する

この記事は役に立ちましたか?

31人中23人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。