お酒を飲んでもいいですか?

Elizabeth
Elizabeth
  • 更新

お酒を飲むと痩せにくくなります。 これには、次のような多くの理由があります。 

  • アルコールはカロリーが高く、多くの飲み物で使用されている人気のミキサーもカロリーが高い。 
  • アルコールからのカロリーは、体が必要とする栄養を満たすのに役立たないため、エンプティ カロリーである。
  • 人々は通常、1 日の通常のカロリー摂取量に加えて、余分にアルコール飲料を消費する。
  • アルコールは人々の抑制を緩め、食べ過ぎや不健康な食べ物を選ぶ可能性を高める。
  • アルコールは体の脂肪燃焼メカニズムにも干渉する。
  •  過度の飲酒は、個人の運動への関心を低下させる可能性がある。 

一部の研究では、軽度から中程度の量のアルコールを飲むことは必ずしも体重増加とは関係がないことがわかっていますが、研究者は、アルコールを飲むことは肥満の危険因子になる場合があることを示唆しています。

一部の人々にとって、アルコール飲料は、毎日の総摂取量のかなりのカロリーを占めています。 

次のテクニックは、人々がアルコールの使用を減らし、減量の目標を達成するのに役立ちます。

  • 飲酒に制限を設ける
    適度な飲酒の定義は、女性は 1 日 1 杯まで、男性は 1 日 2 杯までです。

  • 週に数日、アルコールを控える日を設ける
    アルコール飲料にはエンプティカロリーが含まれているため、毎日摂取するのは避けたほうがよいでしょう。

  • 小さいグラスを使用する
    適度な体重を達成し、維持するためには、ポーションコントロールが重要であり、それは飲料にも当てはまります。

  • アルコール飲料と水を交互に飲む
    これを行うと、一定期間内のアルコール摂取量を減らすことができます。

  • ワインまたは低アルコールビールを選ぶ
    ビール、カクテル、その他の混合飲料は、カロリー数が高くなる傾向があります。

  • それを継続する 
    習慣を変えて痩せるには時間がかかります。
また、空腹時に飲酒するとアルコールの影響が強まり、アルコールの影響がより早く現れる可能性があるため、飲酒を避ける必要があります。 アルコールを飲みながら食事をすると、吸収が遅くなり、衝動の制御を維持するのに役立ちます。
この記事を共有する

この記事は役に立ちましたか?

51人中50人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。