食事はトレーニングの前後どちらがよいですか?

Elizabeth
Elizabeth
  • 更新

筋肉量の増加に関しては、次のことをお勧めします。

  • トレーニングの 1.5-2 時間前に、ソリッドフード (タンパク質、ゲイナー、アミノ酸、またはその他のサプリメント) を摂取する。
  • グリセミック指数(GI)の低い炭水化物 (複合炭水化物) を優先する: 多くの穀物、生野菜、軽いタンパク質源(卵、魚、カッテージ チーズ)。

運動後の食事 - 主にグリセミック指数の高いシンプル/ファスト炭水化物: 白米、パスタ、肉、鶏肉、魚などのタンパク質製品から選択できます。

脂肪減少:

  • トレーニングの 1.5-2時間前に食事を摂る。
  • できれば消化しやすいタンパク質と緑の野菜のサラダを食べる。
  • 血糖値の低下に敏感な場合は、トレーニング後 2-3 時間以内に複合糖質 (シリアル、全粒粉パン、デュラム小麦パスタ) を食べることができます (トレーニングセッションの時間による - 朝/午後/ 夕方 – に調整できるでしょう)。
  • 運動後に食事をしない時間が長ければ長いほど、血中の成長ホルモン(脂肪燃焼の機能の1つ)が長く存在するため、脂肪の減少がより顕著になります。持久力を高めるための運動前後の食事の概念は、筋肉増強のためのスキームと対称的です。

また、体の声に耳を傾け、必要に応じて食事のタイミングと構成を調整することを忘れないでください。

この記事を共有する

この記事は役に立ちましたか?

172人中155人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。